home

初めまして、『黙示伝授』戦略コミュニケーション研究所の「モニ犬 」と申します。

ここでは他者を思いやる心や助け合う心を育てる『黙示伝授』というトランプカードを使った楽しい教育ツールでコミュニケーション能力を身に付けることの出来る『黙示伝授』教室を開催しています。日本の心という最高のコミュニケーション能力を修得して、外国人には日本の心をそして日本人には国際人としての素養を身に付けて世界にこのコミュニケーション能力を伝え届けることのできる日本人を育んでいくことを目標にしています。

『黙示伝授』教室では、はじめてのお子様から大人の方まで性別年齢に関係なくどなたでも集中的に学べる楽しいカードゲームのお稽古を通して、日々の中で、日本が育んだ美しいこころを基盤とした思いやり、礼儀作法、立ち居振舞い、物事に取り組む力、継続力、自分だけでなく全員の夢も叶えるために共に助け合い協力しあう心などを修得し、人が喜んでくれる人ー私達はその方々をギフター(Gifter)と呼んでいますーを沢山沢山育んでいけたら嬉しく思います。

(日本の)心は目には見えませんが、それは不立文字の文化として伝えられてきました。『黙示伝授』では不立文字という阿吽の呼吸である日本の心を海外の人に、そして日本人には国際人として必須の大事な、阿吽ではなく言葉を使って物申すコミュニケーション能力を身に付けていただけます。

『黙示伝授』教室を通して、日本の心の美しさを身に修め理解し興味を持ってくださる方々が増え、全ての人が全ての人の夢を叶え幸せに成れる事を願っております。

course menus

英語で学ぶコミュニケーションの基本

思い(心)と形のEnglish Basic Course概要

やってみるから結果が産まれ、できるようになるから理解が深まり、高まり、広がります。ここでは先ずは100文のフレーズを何十回も何百回も繰り返し暗唱できるまでひたすら棒読みするのみ。それまでは意味は教えません。反復することで頭で覚えるのではなく、体や心に刻みつけていきます。それは今すぐ活きた感情を磨くツールとして役に立つものばかりです。

 

●言語はフレーズで覚える

スタンダードの英文のフレーズを初めに音読暗唱していきます。頭でよりも口の筋肉に覚え込ませる練習を行います。日本の茶道など道の付く習い事では型稽古と呼ばれるものがありますが、型文(パターンフレーズ)を何十回も音読して身に付けていく(体得する)方法です。私は英語を覚えたのは幼稚園の時でしたが、それでも初めは何を言えばいいのか何を言われているのかがわかりませんでした。徐々に自然に覚えていったのは事実です。皆さんが日本語を勉強してしゃべれるようになっていないのと同じです。文法や文の組み立て方を頭でやってしまうと判断がとても遅くなります。しかし型稽古の方法では頭のシナプス(様々な回路、暗記・思考など)が活発に育ってきて、ある時から急に暗記が容易になってくるのです。

月末には覚えた文を暗唱するテストを行います。また間違い探しテストでは、わざと先生が間違えて読んでみます。覚えていたら間違いはすぐ見抜けるはずです。全て正解する度に賞がもらえます。

●会話作り

テーマを毎回出したりイラストや写真、雑誌や新聞の記事を読んだりしてその現象から得られる教訓までを書き出す5行日誌を書いてもらいます。間違っていても構いません。大事なのはあなたの伝えたいことが通じるかです。

●かるたゲーム

日本の心を表す述語と英語で表現したカードを交互に読み上げその表現を探すかるたゲームです。英語の表現力を楽しく伸ばします。

●ディクテーション

講師の読み上げる文章をディクテーションしながら、聴いたままを言う練習と日本語に訳す練習もします。

●思いを変えたら誰もが天才になれる【スーパーコミュニケーションツール「黙伝クルーズ」】を体験。
これはトランプカードを使って遊びながら心の軸を鍛え整えることができるスーパーツールです。

説明

[Basic Language Matrix Lesson  (ベーシック ランゲージ マトリクス レッスン)]

<What’s it for?>なんの為に?

It’s to learn and to be able to express all the actions with foreign language phrases in order to use them to communicate with the foreigners.

<How do you do it?>

You’ll be filling up the “What Do You Do? Matrix” with the phrases you use to express your activities.

⑴ 外国語がすぐ飛び出す回路を作る過程が大事なパターンプラクティス(型稽古)マトリックス

<What do you everyday? Matrix>

この質問に応えていくことで日常会話に必要なaction phrasesの全てを身につける事が出来ます。それぞれ①毎日の事②今までやってきた事③これからやるかも知れない事④やりたい事を学びたい外国語のフレーズにして各質問別マトリックスに埋め込んでいきます。それぞれの状況を頭の中でイメージして整理していくことでそれぞれのフレーズがイメージで身につくようにトレーニングしていきます。

次にそれぞれフレーズの使い方を深めていきましょう。自分自身で5W1Hの質問に応えていく事でひとつひとつの使い方を深めていく事が出来ます。深めるとそれらの使い方が広がって頭のシナプスが育ってくるので外国語の回路が出来てきて益々外国語のインプットが容易になってきます。

<Who are you? What is it? Matrix>

この質問に応えていくことで[私=A](be動詞)のフレーズと使い方と応用力を身につけていきます。日常会話で必要な説明phrases(自己紹介等)の全てを身につける事が出来ます。基本のフレーズ文型が分かると主語を変えていくだけで応用することが可能です。一人称から三人称の動詞の使い方も各質問別マトリクスに埋め込んでいきます。それらのフレーズのパターンプラクティス・トレーニングによってしっかり身につけていきます。

〜します。⇒I will ~

〜したいです。⇒I would like to ~ / I want to ~

〜してもいいですか? ⇒May I ~? /Could I ~? / Can I~?

〜していただけますか?  ⇒Would you ~? / Could you ~? / Will you ~?

〜できるの?⇒ Can you ~?

~されますか?・したいですか? ⇒Would you like to ~?  /コーヒーいかがですか?(お飲みになられますか?)Would you like (to have) some coffee?

これから~するところです。⇒I’m going to ~・

私は~しています。⇒I’m +(一般動詞+ing)~・

私は~を楽しんでます。⇒I’m having fun +(一般動詞+ing →) /私は楽しんでます、英会話レッスンを。⇒ I’m having fun learning English (conversation) lesson!

 

 <How is it? (How do you feel it?) Matrix>

自分が思ったことや何かに対する感情や感想を相手に伝えるときに使う感情マトリクスはコミュニケーションに於いては最も大事なツールになります。ここでは日本が持つ独特な文化と外国との違い、そして外国との文化の違いを知るということが同時に日本を知ることに繋がっていくことを感じてもらいながら相手に通じるように必要な単語だけを深めていきます。

全部で100文程度のフレーズを覚えてそれを使うトレーニングをし続けます。同時に音読で英会話のリズムやリエゾン等を身に付けていきます。

毎日100文のフレーズ(30分程)を7回聞くようにするのがお勧めですが、最低でも1回100文は聞く環境を作りましょう。

 

(2)CDの聞き込みと音読

外国語には日本語には無い発音とリズムがあります。その音とリズムを修得する為には音読による外国語を浴びる環境を作る事が大切です。これが外国語のリスニング力のアップにもつながっていきます。

1.音読をテキストを見ないで聞く→耳を鍛える 一語一語聞き取れなくてもそのリズムサウンドをつかむように耳をしっかりと澄まして聞く。(1回)

2.テキストを見ながら聞く(1回)

3.音読する(1回)

4.リピーティング (1回)

5.オーバーラッピング(2回)

6.音読する(1回)

ーCDの音読を聞く (難しい発音やリズムをチェック)

 

(3)5行日誌

日々の出来事や映画・本・音楽会などの感想を綴る時に、訳しやすい日本語に書き換えて、その日本語を基本文型に置き換えてから英語にする練習。

毎日日記を書くことによって自分自身に自問自答しながら書いていくことがアウトプットのトレーニングになります。

 

(4)1week waveの習慣化

学習能力をアップするためには一週間のスケジュールを具体的に組み立てましょう。

3か月後にはプレゼンテーション出来るレベルのような目標を決めて、自分に出来る範囲で一週間必ず(1)~(3)までをパターンプラクティス出来るような習慣を身に付けましょう。健康管理にもお気を付けてください。

(5)プレゼンテーション

3か月間の成果をプレゼンテーションで試してみましょう。身に付けた能力は必要な人への貴重なギフト足り得るものです。プレゼンの為にはシナリオが欠かせません。どんなプレゼンにするのかはあなた次第ですが、そのシナリオ作りのベースとなるファウンデーションをお伝えします。まずは7つのポイントをお伝えします。そのポイントの内容を5W1Hで深めていきます。それから出来上がる内容はたったの7行でも立派なプレゼンになります。

テーマはやはり” This is my Japan!! ” あなたが「これが私の日本」という身に付けたものを人にギフトするストーリーテリングの場です。そこにはあなただけが語れる物語があり、それを聞いた人にあなたからしか伝えられない感動を渡してみましょう。

 

期待される成果と目標

フレーズが身に付いてくるとある時ふとそれらのフレーズがスラスラと出てくる時がきます。誰もが迎えるその瞬間です。それまでは焦らず今のトレーニングをひたすら楽しんでください。

5行日誌では英語の回路を作ります。アウトプット能力がさらに磨かれていきます。

コース資料

必須の資料

見出しまたは箇条書きの黒丸が必要ですか? [ホーム] タブのスタイル ギャラリーからは、このシラバスで使われるすべてのスタイルを選択できます。

  • ここをクリックし、テキストを追加します。
  • ここをクリックし、テキストを追加します。

オプションの資料

以下のコースのスケジュール表や試験のスケジュール表のような表をドキュメントに追加したいですか? そのような追加はとても簡単に行えます。[挿入] タブで、[表] をクリックして新しい表を追加します。このテンプレートで作成した新しい表は、その書式に一致するように自動的に書式設定されます。

必須テキスト

[アイテム名] [メディアの種類]、[著者名]

[アイテム名] [メディアの種類]、 [著者名]

concept

なんでも楽しく笑い飛ばす活き方を真剣に提案したG-conceptという『全てを喜びの表現に活かし生かす真中の位にミズカラをポジショニングし続ける』心をコンセプトにした様々なコミュニケーションの能力開発研究と講座を行っております

そしてこのこころを世界に届ける国際ソーシャルワーカーの育成と輩出を目標にしております。それだけでなく同時に英会話もマスターできるよう楽しく真剣に遊びながら学ぶ心を入口とした『通じるための簡単カタカナ発音 』に励んでいただけたら嬉しいです。基本を身に付けるまで練習し続けるお稽古(型稽古)は大変です。その真剣さは必要です。しかし、根本にあるのはあなたのやりたいという気持ちからしか味わえないゴールを達成しようと思う「楽しさ」です。やり続ける努力、そして言ったことをやり遂げる必死さを学ぶのもG-conceptのこころの基本です。

私は人はどんなことがあっても楽しむために、人の役に立ちたいと思い、だれか守りたい人がいる時に特に力がみなぎり、人を愛し、愛されて、人に注ぎ注いでもらうためにここに存在していると思えるのです。どんなことも楽しめるポジティブさがどんな能力の修得も可能にし、更には地球の裏側の子供たちや人々そして地球そのものをハッピーにしていけたらと思います。ここにお越しいただいたご縁の方々との一期一会を大切にあなたのやりたい事が出来る様になる喜びをご支援させていただけたら真に嬉しく存じます。

blog

12月5日仲間もお金も生き甲斐も同時に叶える『G-concept 』講演会&交流会パーティー開催

銀座で世界の夢を叶える大人の仲間入りをしませんか? あなたの欲しいを叶え、あなたの人生にとって最も大事な事に気付いてほしいから G-concept という『全てを活かす』コンセプトを是非あなたにギフトさせてください。 あ …

contact us

お気軽にお問い合わせください。

 

japanspirit@matshuri.com